【バンクーバーで生活を始める人必見!!】コンパスカードとは??

バンクーバー
Zumi
バンクーバーでワーホリ中のZumiです( *´艸`)

 

バンクーバーでの生活に欠かせないもののひとつにcompass card(コンパスカード)があります。

コンパスカードとは、スカイトレイン、バス、シーバスなどを利用する際に必要な交通系I Cカードのことです。

日本のSuicaとかPASMOに似たようなものです。

 

今回はコンパスカードについて、購入方法、使用方法、注意点などを書いていきたいと思います。

コンパスカードの種類

コンパスカードには、3種類のカードがあります。

青色「Adult Compass Card」

Monthly Pass や Stored Value の機能があり、もっとも一般的に使われるカードです。

駅にある券売機、または街中のセブンイレブンなどコンビニエンスストアでも購入可能です。

値段は、1ゾーン$95、2ゾーン$128、3ゾーン$174です。

オレンジ色「Concession Card」

5歳から13歳、学生証を持っている14歳から18歳の学生、65歳以上の方が利用可能です。

これは駅にある自動券売機では買うことが出来ません。

街中のセブンイレブンなどのコンビニエンスストアで購入可能です。

実際、購入する際は身分証の提示を求められないこともあるので、誰でも買えちゃいますよね(-_-;)

3ゾーンで$54です。

白色

普段は交通機関を利用しない人や観光客向けで、一日パスや数回などの利用に適しています。

購入の仕方

Monthly Pass(1か月定期)を購入する場合、利用できる期間は、その月の1日からその月の末日までです。

例えば、8/1~8/31、9/1~9/30。その為、8/15~9/14、8/2~9/1などの期間を選んで購入することは出来ません!!!

翌月のものを購入するときは、20日から翌月の15日までの期間で購入しましょう。

例えば、8月のMonthly Passを購入するときは、7/20~8/15までの期間に購入可能です。

月末は、Monthly Passの更新をする人で、駅の券売機に長蛇の列ができるので、20日~25日くらいまでに購入を済ませておくといいでしょう。

ゾーン制

Monthly Passを買う場合、自宅と学校、または仕事場の位置によって値段が変わります。

ゾーンはこのように設定されています。

バンクーバー内の移動であれば、1Zoneで十分です!!!

日本語でも購入できます!

各駅にある券売機は日本語にも対応しているので、英語に慣れていない人は日本語を選択することをお勧めします!!

$50、$100札は使えません!

券売機では$50、$100札が使えません!

わたしの友達はそれを知らずに$50札を使用し、$50札は券売機の中から出て来ず…。

悲しい思いをするので、気をつけて下さい。

使用上の注意点

コンパスカードの使用時に注意するべき点について紹介します。

タップミス

電車を降りるときにタップミスをすると、3ゾーン分の金額がかかります。

Monthly利用者でも降りる際タップミスをすると同じです。

しかも、コンパスカードにお金がチャージされていると、勝手に3ゾーン分の金額が引かれていて、それに気付かない場合もあるので要注意!!

 

わたしは何度かタップミスをしていて、気付かないうちに3ゾーン分の金額が引かれていたことがあります。

というか、タップミスをしていても改札から出られることに驚き!!

特に朝など通勤通学ラッシュの時間帯は人多いので要注意です。

そうならない為にも、きちんと自分がタップ出来ているかどうかを確認することが必要です。

 

タップされていないと

 

きちんとタップされたとき

f:id:till0325:20180827054644p:plain

赤い光がついていないことを確認してから、コンパスカードをタップし、きちんと赤い光がつけば大丈夫です!!

平日18:30以降、土日祝日はどこに行っても無料!

1ゾーン Monthly Passを持っていれば、平日18:30以降、土日祝日は無料で2ゾーン、3ゾーンまで行くことが出来ます。

学校の放課後、仕事終わりや休日は、友達とお出かけするのもゾーンを気にせずに遊びに行くことが出来ますよ!

バスは乗る時だけタップすること!

バスは乗る時だけタップします。降りる際は、タップする必要がありません。

コンパスカードはバンクーバーの生活に必要不可欠!

コンパスカードはバンクーバーで車を持たないで生活する人が、必ず利用するものになると思います。

最初は日本と違う仕組みに少し戸惑うかもしれません。

是非、これからバンクーバーで生活を始める方は、参考にしてみて下さい。