【バンクーバー】実際にワーホリ生活中の私がすすめる日本からの持ち物

ワーホリ
Zumi
バンクーバーでワーホリ中のZumiです( *´艸`)

 

Googleで「バンクーバー ワーホリ 持ち物」
と調べてみると、色々な記事が出て来ます。

 

実際に読んでみると、
「本当に、この記事を書いた人はバンクーバーでワーホリ生活しているのかな。」

と思ってしまう記事もあったりします。

「それなら現地で手に入るよ!!!」

というような感じ。

 

まぁ生活に必要なものって人それぞれ違いますよね。

色々な情報がネットに上がっているので、なにが自分に必要か見極めてみることが必要になると思います。

 

私がバンクーバーで半年間ワーホリ生活をしてきて、日本から持って来て良かったと感じたもの、持ってくれば良かったと感じたものを紹介していきます。

 

これから、バンクーバーで長期滞在する方は参考にしてみて下さい!!!

日本からのおすすめ持ち物

バンクーバーの現地で全く同じものが手に入る場合は、日本からのおすすめ持ち物として紹介しません。

本当に日本から持って来るべきものだけを紹介していきます。

服(特にボトムス)

これは背の低い人、小柄の人におすすめします。

日本でSサイズの服を着ている方は特にです!!

なぜなら、バンクーバーでは背が低い人、小柄の人は、ぴったりな服を探すのがとても難しいからです。

 

ほとんどの人が日本人よりも大きいので、そもそも日本のSサイズと同じ大きさの服は売られていないことが多いのです。

しかも、もし店舗にSサイズの服があったとしても、すぐに売り切れになってしまうので注意が必要です。

 

特にボトムス、ズボンは日本人にとっては丈が長すぎるものが多いので、日本で買ったものを日本から持って来ておく方が良いと思います。

 

また語学学校に通っている間、何人もの生徒や先生から、

「日本人って本当におしゃれだよね」

「いつもおしゃれだね」

「あなた、ファッションを専攻したのかと思った」と言われることがありました。

 

私はそこまでファッションに興味はないのですが、他の国から来た人達にとって日本のファッションはおしゃれに感じるのかな??と思いました。

 

日本人や韓国人以外の方達は、ジーンズにTシャツというシンプルな服装の人が多いです。

シンプルな服装は私から見ると、とてもおしゃれに見えるんですけどね(^_-)-☆

 

でもそういうシンプルな服装をしている人達にとっては、日本人のファッションがおしゃれに見えているんですね。

 

バンクーバーでは、日本で手に入るようなデザイン、雰囲気の服を手に入れるのは難しいです。

(ユニクロと無印良品はありますが(笑))

 

実際に、私は日本で使っていた私服をほぼ全部持って来て良かった!!!と思っています。

電子辞書

私は日本でバンクーバーに行くための荷造りをしている最中、

「iPodに英語の辞書が入っているし、iPhoneでもすぐに調べられるから電子辞書持って行かなくていいや~」

と思っていたのです。

 

しかし直前になって、「やっぱり持って行こう!!!!」と思ってカバンの中に入れて、現地に持ってきました。

 

やはり、iPodやiPhoneを持っていても、バンクーバーでの生活に電子辞書は大活躍します。

 

特に語学学校に通っている間はほぼ毎日使う機会があり、電池は一か月ですぐになくなりました。

(もし電子辞書を持って行く場合は電池も日本から持って来るといいかもしれません。)

そのくらいたくさん使います!!!

 

なぜ電子辞書の方がiPhoneよりも良く感じるのか…

検索にかかる時間が電子辞書の方が短い

ことが一番のメリットかもしれません。

 

英語を調べる為に電子辞書を持っているだけで、分からない単語に出会ったときに、きちんと調べよう!!と思うことができます。

英語の参考書

日本で使い慣れている英語の文法書や単語集など、英語の勉強に関する参考書は日本から持って来ると良いでしょう。

新しい参考書を買うのもアリですが、やっぱり使い慣れているものを何度も何度も繰り返すことで、定着させることが一番良い勉強法だと思います。

また、私はバンクーバーで日本人向けの英語の参考書が売られているのを見たことがないです。

もしかしたら、売っている本屋さんがあるかもしれませんが、バンクーバーで探すのは、結構難しいと思います。

 

ちなみにおすすめの英語の文法書は「English Grammar in Use」です。

世界的に有名な英語の文法書ですよね。

英語を学習している人なら、一度は目にしたことがあるかと思います。

英語で英語の文法を解説しているので、とても勉強になります!!!

これなら、バンクーバーの現地でもネットショッピングを利用して注文することが可能かもしれません。

洋書(ORIGINAL) /English Grammar in Use Supplementary Exercises with Answers (英語)

価格:3,425円
(2018/10/19 01:31時点)
感想(0件)

 

お土産

お土産は現地で仲良くなる友達やお世話になるホストファミリーなど、バンクーバーで出会う人に日本から持っていくと良いでしょう。

お土産が仲良くなるキッカケにもなるので、持って行くことをおすすめします。

日本からのお土産、せっかくあげるなら喜んでもらいたいですよね!!!

 

以前、下記の記事に日本から持って行くお土産についての詳細を書いたので、興味がある方は参考にしてみて下さい( *´艸`)

バンクーバーの人に喜ばれる日本からのお土産5選

2018.10.10

バンクーバーではもちろん、日本で普段使っている薬を手に入れるのは困難です。

カナダの薬は日本の薬と比較して、強いものが多いので、胃が弱い方が飲むと胃が痛くなるでしょう。

日本だと、胃が弱い人向けに薬を処方してくれるとき、胃薬も一緒にくれる病院などありますが、バンクーバーの病院ではそのような配慮がありません。

 

痛み止め、胃薬、風邪薬、目薬など、普段使う薬があれば、日本から持って行くことをおすすめします。

私は、生理痛の痛み止め、胃薬、風邪薬は日本から持って来たので、少し体調が悪くなったら、それらを使うようにしています。

 

バンクーバーでは、保険に入っていれば診察料が無料なのですが、その代わりに病院で一日時間を過ごさなくてはいけないほど待たされます(-_-;)

なので、よっぽどのことがない限り、ほとんどの人が病院には行きません。

 

日本にいたときは、少し喉が痛くなっただけでも病院に行って薬をもらっていましたが、

一日病院で時間を過ごすのは嫌なので、バンクーバーでは病院に行ったことがありません。

 

なので、日本で使い慣れている薬を持って来ることは必須です!!!

パソコン

私は日本で使っていたノートパソコンを持って来て、今ブログを書いています。

やはりパソコンは持って来た方が良いと思います。

 

バンクーバーの現地で仕事探しをする際は、レジュメ(履歴書)を作る必要があります。その際は、パソコンが必須です。

また、部屋探しをする際も、ネットで探すことが中心となります。

なにかと、パソコンを使う機会があるので日本から持って来た方が良いですよ。

 

バンクーバー市内の図書館に行けばパソコンを使うことができるのですが、いちいちパソコンを使う為に図書館に行くのも面倒なので、私はこのノートパソコンを持って来て良かったと思っています。

歯磨き粉と歯ブラシ

歯磨き粉はもちろんバンクーバーでも買うことが出来るのですが、私は日本から持って来ることをおすすめします。

私は日本から持って来た歯磨き粉を使い切ってしまったときに、バンクーバーで買った歯磨き粉を何度か使ったのですが、使う度に口の中の皮が剥けて、変な感じになったのでおすすめしません。

それも薬局で店員さんにおすすめしてもらった歯磨き粉で、バンクーバーの友達も使っている歯磨き粉だったので、悪いものではないと思ったんですけどね(-_-;)

そうならない為にも、歯磨き粉は日本から持って来ることをおすすめします!!!

 

また歯ブラシは日本のものよりも大きいものが多く、歯磨きをしにくいので、日本から何本か持って来ることをおすすめします。

折りたたみ傘

バンクーバーでは雨がたくさん降ります。

毎日大きな傘を持ち歩くのは面倒なので、折りたたみ傘を持っていたいところなのですが、バンクーバーで買うことのできる折り畳み傘ってめちゃくちゃでかいんです。

大きいので、たくさん雨が降っている日には便利だと感じるのですが、コンパクトに持ち運ぶことは難しいです。

日本の折りたたみ傘って、コンパクトで小さなバックでも入れることができますよね。

 

私は日本から折りたたみ傘を持って来ていたのですが、途中で失くしてしまったんです(-_-;)

仕方なくバンクーバーで折りたたみ傘を買ったのですが、

やっぱり日本の折りたたみ傘の方がコンパクトで軽くて便利です!!!

 

日本から持って来ることをおすすめします。

観光ガイドブック

バンクーバーでワーホリ生活するなら、バンクーバーの観光も楽しみたいですよね!!!

日本から観光のガイドブックを持って行けば、毎日の語学学校帰りや週末に観光を楽しむことができます。

 

観光ガイドブックには、おすすめのお店や観光地、お土産など、抑えるべきポイントが載っているので、とても参考になりますよね。

 

観光ガイドブックとしておすすめなのは、「ことりっぷ」です。

ことりっぷには、おすすめの観光プランやインスタ映えする撮影スポットなども載っているので、とても参考になります。

私は時間があるときに、ことりっぷを眺めながら、「今度はここにいきたいなぁ…」などと考えたりしています。

そういう時間も楽しいので、ぜひ観光ガイドブックは日本から持って来ると良いですよ(^^)/

 

バンクーバー【1000円以上送料無料】

価格:1,296円
(2018/10/19 02:29時点)
感想(0件)

バンクーバーで手に入るもの

海外で生活を始める人が
「これ海外にはないんじゃない?」
「日本からもって来た方がいいんじゃない?」
って思うようなものでも、バンクーバーは多国籍の街なので、割と手に入るんです。

ただ価格は高いです。
価格は高いけれど、バンクーバーでも手に入る日本の商品を挙げていきます!!

  • 洗顔フォーム
  • シャンプー、コンディショナー
  • ボディーソープ
  • 耳かき
  • インスタントの味噌汁
  • 味噌、みりん、醤油、だしの素など日本の調味料
  • カイロ
  • 生理用ナプキン

 

バンクーバーの隣町のリッチモンドには、ダイソーがあり、日本の食材や日用品(日本製のナプキンや洗顔ソープなど)を買うことができます。

リッチモンドまでは、バンクーバーのダウンタウンから電車で30分ほどで行くことができるので便利です。

 

またダウンタウンのロブソンストリートには、コンビニ屋という日本の商品専門店があり、納豆や日本の調味料、お菓子、日用品などなんでも手に入ります!

 

T&Tは中国系のスーパーマーケットですが、ここにも日本の商品がたくさん置かれています。
T&Tでは比較的、商品が比較的に安く手に入り、店舗によっては規模がとても大きいのでおすすめです!!

持ち物を用意する際

海外で長期滞在を始める際、とても緊張しますよね。

なにか必要なものを忘れてしまったらどうしよう!!!

なんて思うこともあるかもしれません。

 

最悪、なにか忘れても、日本にいる家族や友達に船便を頼んで送ってもらうこともできます。

私はこっちに来てから、「あれが欲しい」「これが欲しい」というのに気が付いて、服やアクセサリーなどを家族に送ってもらいました(笑)

 

海外で生活する前の準備で、大切なのは、その生活を想像してみることです。

バンクーバーは寒そうだから、カイロがたくさん必要かな。

海外に出たら、日本の味が恋しくなるから、インスタントの味噌汁持って行こうかな。

などなど…

 

この場合は、カイロもインスタントの味噌汁もバンクーバーの現地で簡単に手に入れることができるので、持って来る必要はないです。

 

できるだけ日本から持って来る荷物は少なくして来たいですよね。

 

今回は、私がバンクーバーで半年間ワーホリ生活をしてきて、日本から持って来て良かったと感じたもの、持ってくれば良かったと感じたものを紹介しました。

 

これから、バンクーバーで長期滞在する方はぜひ参考にしてみて下さい!!!