バンクーバーの人に喜ばれる日本からのお土産5選

バンクーバー
Zumi
バンクーバーでワーホリ中のZumiです( *´艸`)

 

今回はバンクーバーでワーホリを始める人、留学を始める人に向けて文章を書きます。

 

バンクーバーでワーホリを始める人、留学を始める人は

「日本からなにかしらお土産を持って行こう!」と考えるかと思います。

 

語学学校の友達、ホストファミリー、シェアハウスの住人、アルバイト先の同僚など…

留学やワーホリでバンクーバーに来ると、たくさんの人と出会う機会があるので、

私はお土産を持って行くことをお勧めします!!

 

お土産があれば、それだけで会話の種になるし、出会った人と仲良くなるキッカケにもなる!!!

 

しかし、バンクーバーって多国籍の街なので、海外の商品が本当になんでも手に入るんです。

 

日本の食料品、日用雑貨は簡単に手に入ります。

私は、日本食が恋しくなると思ったので、インスタントのお味噌汁を大量に日本から持ってきたのですが、実際にはバンクーバーのスーパーに売られているので、わざわざ持って来る必要がなかったなと感じています(笑)

 

そんな日本の商品が簡単に手に入るバンクーバーで、現地の人や語学学校で出会う友達にどんなものをあげたら喜ばれるのか、私の経験をもとに書いて行きたいと思います!(^^)!

日本製の折りたたみ傘

私は自分が使う為にの折りたたみ傘をバンクーバーに来る直前、日本で買って持って来たのですが…

 

私がそれを雨が降った日に使っていると、ホストマザーや語学学校の友達に

「日本製の傘は高品質なんでしょ!!」

「良いね!!日本に行ったら買いたい!!!」

と言われました。

へー日本の傘ってハイクオリティーなんだ!!と私は思ったのですが(笑)

 

考えてみると、日本の傘がハイクオリティーであることの他にも、日本の折りたたみ傘をバンクーバーの人にプレゼントするのは確かにいいなと思う理由がいくつかありました。

サイズ感がコンパクト

バンクーバーに売られている傘を見ると、どれも日本のものよりかなり大きいのです。

私がいつも持ち歩いているバッグには入らないサイズ…

「え。これ折りたたみ傘の意味ないじゃん( ゚Д゚)」

 

バンクーバーに売られている折りたたみ傘は、開くと日本の折りたたまない傘くらいの大きさで便利ではあるのですが、

でも折りたたみ傘って「今日雨降るかなぁ。とりあえず降りそうだから折りたたみ傘でも持って行くか!!」ってくらいの存在ですよね。

 

だから折りたたみ傘はカバンに入れて持ち歩けるくらいのサイズが十分だと思うんです。

オシャレなものがたくさんある

日本の傘って色々とオシャレなものがありますよね。

バンクーバーにはかわいくても、ピンクや赤などと色が付いただけの傘ばかりで面白くありません。

日本の雑貨屋さんに売っているようなオシャレな傘は女性にとっては特に喜んでもらえると思います( *´艸`)

 

雨の日でも楽しめるようにってオシャレな傘をプレゼントできたら素敵ですよね。

雨が良く降るバンクーバー

バンクーバーってめちゃくちゃ雨が降るんです。

冬の間はほぼ毎日が雨。

夏でも突然天気が変わって雨が降ることが良くありました(-_-;)

 

なので、私はコンパクトな日本の折りたたみ傘をバンクーバーではほぼ毎日持ち歩いていました。

(途中でなくして、現地で新しいものを買ったのですが、やっぱり日本の折りたたみ傘がコンパクトでいい!!!)

 

雨の多く降るバンクーバーに傘は必需品です。

 

日本からのハイクオリティーな傘をお土産としてプレゼントしたら、バンクーバーではよく使う機会があるので喜んでもらえると思います!!!

秘密箱

 

秘密箱ってご存知ですか??

仕掛けを解除することで、箱を開けることができる仕掛けが付いているものです。

私自身、ものは見たことあったのですが、名前は知りませんでした。

バンクーバーの語学学校で知り合ったコロンビア出身の男の子が

「前に日本人の友達からもらったんだよね~」

と言って、秘密箱をいつも大切そうに持ち歩いていました(笑)

 

秘密箱って日本のものづくりの技術が表現されていますよね!!!

とてもクールなお土産だなと思いました。

 

お値段は安くないので、バンクーバーで一番仲良くなった友達やお世話になるホストファミリーなど、バンクーバーで関わる特別な人達にプレゼントすると良いと思います。

 

しかも秘密箱のからくりを説明って、聞いていてワクワクする( *´艸`)

 

私も初めて見たとき、面白い!!!と思ったので、バンクーバーの人からは「日本の技術だ!!」と喜んでもらえるお土産のひとつだと思います。

五円玉

語学学校に通っていた時、何人かの友達が彼らの母国に帰る前、彼らの国のコイン(硬貨)をくれました。

 

なんだか、仲良くしてくれた友達からその友達の国のコインをもらうと嬉しいんですよね(笑)

そのコインが高価値のものでなくても嬉しいんです(笑)

 

いつもお財布に入れておいて、時々見たときに「あーあの子、元気かなぁ」って懐かしくなります( *´艸`)

 

日本の五円玉って、真ん中に穴が開いていますよね。

そのようなコインは世界で珍しく、プレゼントをすると喜ばれます!!!

 

しかも五円玉には「五円(ごえん)=ご縁」ということで、

良いご縁があって縁起が良いとされていますよね。

そんな説明も、五円玉をあげる際に英語で伝えることができたら素敵です!!

 

私の日本人の友達は、ダウンタウンの銀行で道案内をしてくれた警備のおじちゃんに「ありがとう」の意味を込めて、五円玉をプレゼントしていました(笑)

おじちゃん、めちゃくちゃ喜んでました(笑)

 

私はそもそも日本円をあまり持ってこず、バンクーバーに来る前はなにも考えていなかったので五円玉は一枚持っていませんでした(-_-;)

日本から何枚か五円玉を持ってくれば良かったなぁと思ったので、これからバンクーバーに来る方は、五円玉を10枚くらい持って来ると良いでしょう(笑)

日本製の文房具

日本製の文房具はバンクーバーでとても人気があります。

 

私の語学学校では多くの人が無印良品の文房具を使用していました。

バンクーバーにも無印良品の店舗があるんです!!

バンクーバーにも店舗があるのに、わざわざ日本から買っていって喜ばれるの???

と思いましたが、喜ばれるらしいです。

バンクーバーに長く住んでいる日本人の友達が「日本からバンクーバーの人達にお土産を買っていくなら、無印良品の商品がおすすめだよ!!」

って言われました(笑)

MONO消しゴム

日本人ならだれでも知っているMONO消しゴム。

語学学校で使っていたのですが、ブラジル人の男の子は

「この消しゴム消しやすい!!」と言って、

いつも私のMono消しゴムは勝手に使われていました(笑)

 

その子が使っていた消しゴムを使ってみると、

無駄に消しカスが出る割に、全然消えない(*_*)

これはMONO消しゴムが良く思えるわけだと感じました。

 

なので、語学学校で出会うであろうブラジル人(私の語学学校は大半がブラジル人でした)には、MONO消しゴムをあげたら、喜ばれるかもしれませんね(笑)

 

日本には、振って芯を出すシャーペンやフリクション、クルトガ、などなど…

使いやすくて、面白い文房具がたくさんありますよね。

 

これらの中から自分のお気に入りの文房具をプレゼントすると良いでしょう!!

自分の好きな日本のお菓子

バンクーバーでは日本のキャンディー、グミを始め、駄菓子や色々なお菓子を買うことができます。

 

しかし、誰かに勧めらて試してみないと、どれがおいしいなんて分かりませんよね。

 

日本のお菓子はバンクーバーでも買えるから、お土産の価値がない!!!

というわけではないんです。

 

日本のお菓子を試してみるきっかけを提供してあげられます。

 

日本で買えるお菓子がなんでもバンクーバーで手に入るわけではありませんが、ポッキーやコアラのマーチなど、日本のお菓子として定番のものはバンクーバーでも購入することが可能!!

 

日本のお菓子を紹介してその友達が気に入ったら、その友達がスーパーで買うことも出来るんです!!

 

もちろん、バンクーバーで手に入らなそうな、日本独特のお菓子でも面白いと思います。

 

やっぱり食の話題、お菓子の話題は他の国の人と話していてとても楽しいものです。

その国の食の好みも知ることが出来ます。

 

私は以前、タイ人の友達からタイの駄菓子をもらったのですが、それがめちゃくちゃ気に入って、「私がもしタイに行ったら、このお菓子を1000円分買おう!!」と決めています(笑)

 

自分のお気に入りのお菓子を持って行けば、それを紹介することができるし、それをシェアするのはとても楽しいですよ(^^)/

 

ちなみに、私はとてもとてもカステラが好きなので、カステラをお土産としてバンクーバーの人達にあげたのですが、みんなとても喜んでいました。

(自分も食べたかったのに、食べようと思ったらもうなくなってた(笑))

お土産にはストーリーがあると面白い

以上5つがバンクーバーの人におすすめのお土産です。

 

これらは日本の商品が簡単に手に入るようなバンクーバーの人達にもうけるので、世界のどこに行ってもお土産にして持って行けば喜んでもらえると思います!(^^)!

 

日本の商品はハイクオリティーであると思われているので、日本製だよって言うだけで「おー!!」って言ってもらえますよ(笑)

 

あとは、お土産を渡すときに、そのものの説明を英語でできると良いですね!!

留学やワーホリの最初はすぐに言いたいことを英語で話すことが難しいと思うので、最初から説明文英語で考えて準備しておくことも良いと思います。

そうやって実践的な英語を使う機会を作ることで、英語力を伸ばすキッカケにもなります。

そのものをお土産として選んだのなら、少なからずなにかしら理由があると思います。

 

 

ぜひ今からバンクーバーにワーホリや留学で来る予定の方は参考にしてみて下さい!!