【TOEIC、TOEFLはもう古い】海外移住したいならIELTSのスコアをあげよう!!

ワーホリ
Zumi
バンクーバーでワーホリ中のZumiです( *´艸`)
みなさんは、IELTSを知っていますか??

簡単に言うと、英語能力を測定する試験です。

 

英語能力を測定する試験として、日本で主流なのは英検、TOEIC、TOEFLが挙げられます。

 

Twitterをみていると、「ワーホリにいくからTOEICの勉強をしよう!!」という人をよくみかけますが、

なぜみなさんは、TOEIC、TOEFLの対策をしているのですか??

TOEIC、TOEFLでなければいけない理由はなんですか??

 

近年、世界ではその英語能力を測定する試験として、IELTSが主流となってきているのです。

「海外に移民したい!」

「海外の学校に行きたい!!」

「海外で自分の英語力を証明したい!!」

と考えている方には必須のテストです。

 

もうTOEICやTOEFLは古いんです。

これからはIELTSの時代!!!

 

バンクーバーに移住したい人の場合、IELTSのスコア6.0を取得する必要があり、それには英検準1級程の英語力が必要だとされています。

 

英語を勉強している人なら分かると思いますが、簡単なことではありませんよね( ゚Д゚)

 

もし私がタイムスリップして、大学生時代の私に出会うとしたら、

「IELTS対策をすれば、カナダ移民のチャンスに近づけるよ!!」

と伝えたいのですが、それは無理なので…

 

私はまだ日本でこの記事を読んでいる皆さんに言います。

 

「こっちに来たら移民したくなっちゃうから!!!

日本でIELTSの対策をしてからカナダに来た方が絶対に良いよ!!!」

 

今回はIELTSの特徴や勉強方法について書いて行きます!!!

IELTSとは

まずは、IELTSとはどんなテストなのか、紹介していきます。

IELTSの特徴

IELTSにはこのような特徴が挙げられます。

  • 世界140ヵ国で約300万人を超える受験者数
  • 英語力を証明する為のテスト
  • 世界で働くための判断基準に使用されている
  • 移民の判断基準に使用されている
  • 公平性・文化的偏りがない
  • アメリカでもTOEFLに代わるものとして認定されている
  • 受験料が高い
  • コツをつかんで対策することが必要

IELTSテストの種類

IELTSには2種類のテストがあり、基本的に目的に応じて2つの種類から1つを選び対策をして受験をします。

 

【アカデミック・モジュール】

自分がの英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうか証明することができる。

 

【ジェネラル・トレーニング・モジュール】

  • 英語圏で学業以外の研修をしたい人
  • イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をする人

が、自分の英語力を証明できる。

つまり、海外移住したい人はジェネラル・トレーニング・モジュールを受ける必要があります。

テスト形式

  • コンピューターではなくペーパーベースの筆記試験
  • 問題用紙への書き込みが認められている
  • スピーキングは面接官とのインタビュー形式
  • IELTSはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのモジュールから構成

スコア

  • IELTS9:エキスパートなユーザー
  • IELTS8:非常に優秀なユーザー
  • IELTS7:優秀なユーザー
  • IELTS6:有能なユーザー(移民に必要なスコア)
  • IELTS5:中程度なユーザー
  • IELTS4:限定的なユーザー
  • IELTS3:非常に限定的なユーザー
  • IELTS2:一時的なユーザー
  • IELTS1:非ユーザー

対策

IELTSの対策として、ふたつの方法があります。

プロに習う!!!

IELTSの対策は簡単ではありません!!!

 

自力で対策をするとしても、まずなにから始めたらいいかなんて全然分かりませんよね…

 

特にスピーキングは日本にいるとそれをトレーニングする機会すらありません(-_-;)

IELTSのスピーキングテストは他の能力試験とは別日に設けられており、3つのタスクパートから構成されています。話した内容は録音までされます。

 

私の韓国人の友達は私よりも英語の能力がありますが、それでもIELTSの対策は難しい!!と言っています。

対策は自分でやるのには難しすぎるので、やっぱり学校に通った方が良い!!と言っていました。

バークレーハウス語学センター(東京・市ヶ谷)

1973年創業で、日本初のTOEFLテスト免除で日本人高校生をアメリカの大学へ正規留学を可能にした語学学校。

4000名以上を留学させた実績のある語学学校です。

 

留学や移民に必要なIELTS取得を徹底的にサポートしてくれる、日本有数の歴史あるIELTSテスト対策学校!!!

 

IELTS専門家の正木講師を中心に、IELTS 高得点を取得し指導経験豊富な方が多く在籍しています。

また、IELTSを学ぶ上で大切な教材…

バークレーハウスでは、日本人に最も合うものを作成、必要によりカスタマイズしていることで、最適な授業を受けることが可能です。

 

公式サイトはこちら

テキストを使っての自主学習

プロに教わる為の時間やお金に余裕のない方は、テキストを購入して自力で勉強することも可能です。

 

これはケンブリッジ出版公式IELTSの過去問題集です。

対策をする際、絶対に必要になるテキストです!!

今現在(2018年10月)ではIELTS13が最新版となっています。

対策は早めに始めるべき!!

IELTSの試験には適切な対策が必要です。

英語を聞ける、話せる、読める、書ける

全ての技術が問われます。

 

英語を聞けるようになる為には、英語を聞くこと

英語を話せるようなる為には、英語を話すこと

英語を読めるようになる為には、英語を読むこと

英語を書けるようになる為には、英語を書くこと

をするしかないのです。

 

着実に努力をするしかありません!!!

 

だから対策は早めに始めて、長い期間勉強をするしかないのです。

 

今から対策を始めましょう!(^^)!