ワーホリするなら必ず知るべき!!カナダの複雑なお金事情。

ワーホリ
Zumi
バンクーバーでワーホリ生活中のZumiです( *´艸`)
お金ってそれぞれの国にそれぞれの特徴があって面白いですよね!!

 

日本のお金は、コインにも紙幣にも大きくその価値(1円~10000円)が書いてあり、5円玉と50円玉に関しては穴まで開いてて、分かりやすい!!色もそれぞれ違いますよね。

ちなみに、穴の開いているコインは世界で珍しく、5円玉を海外の人にプレゼントすると喜ばれます(笑)

今回はカナダのお金の種類や特徴、支払いの際の注意点など、カナダでワーホリ生活を送る方、またカナダ旅行に来る方には絶対に必要なカナダのお金について紹介します!!

紙幣

カナダの紙幣はこんな感じです。

日本のお金を見てから、カナダの紙幣をみると、めちゃくちゃカラフルでかわいく見える( *´艸`)

素材も日本の紙幣とは違い、「紙」ではなく「ポリマー素材」を採用しています。これは、偽造防止の為、2011年より採用されたそうです。

触ってみると薄いプラスチックのようで、日本の紙幣に慣れていた私には不思議な感覚。

一部透明でキラキラした部分があるので、初めてカナダのお金を見た人は「なんだか本物のお金じゃなくて、人生ゲームで使うおもちゃのお金みたいだなぁ」と思うかもしれません。

 

カナダには5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルと全部で5種類の紙幣があります。

さら~っと画面を流しながら見てみて下さい。

5ドル札

10ドル

20ドル

50ドル

100ドル

コイン

Close-up of one pile of canadian coins isolated on white background.

コインはこんな感じ!!
コインでやっかいなのは、5セント、10セント、25セント

なぜかというと、色が全部銀色で同じなんです。

私はアルバイトを始めてレジでお客さんとお金のやり取りをするまで、これらのコインをきちんと見分けることが出来ませんでした(-_-;)

1ドルと2ドルコインは誰でも見分けることが出来るかと思います。

 

カナダには、5セント、10セント、25セント、1ドル、2ドルのコインがあります。

さら~っと画面を流しながら見てみて下さい。

5セント

10セント

25セント

1ドル

2ドル

セントコインが分かりにくい

上記にもあるようにセントコイン(5,10,25セント)は全てシルバーなので、コインに書かれているイラストをよく見ないと見分けることができません。

しかもなぜか5セントコインの方が10セントコインよりも大きい!!!

日本のコインの大きさは、1円<5円<10円<100円<500円玉ですよね。

カナダのコインの大きさは、10セント<5セント<25セント<1セント<2セントです。

もう分かりにくい…

 

最初、コインに慣れるまでは毎回の会計時にセントコインを使うことが出来ず、お財布の中がセントコインでいっぱいになってしまいました。

こちらが私のお財布に入りきらなくなったセントコイン達!!!

こうならない為にも、コインを使うことに早く慣れて、コインを貯めないようにした方がいいですね(*_*)

コインに慣れるまでは、お財布にセントコインを入れずに、小さい袋にそれぞれのセントコインを分けて入れて、会計時にお財布の中を探さなくても簡単にセントコインを取り出すことができるようにしていました(笑)

1セントコインがない

カナダには、1セントコインがありません!!!正確に言うと、2013年に廃止されました。

日本でいうと「1円玉がない!!」というのと同じです。

 

しかし、会計時には「14.27ドル」や「82.53ドル」などと1セントが無ければ払うことができないような金額を伝えられることもあります。

 

カナダはカード社会なので、多くの人が現金ではなくカードで支払いをします。

カードで支払いをする場合、「14.27ドル」なら丁度「14.27ドル」支払うことが可能です。

 

しかし、問題は現金で支払う場合!!!

「14.27ドル」を支払いたくても、1セントコインが無いのできっちりと支払うことができません。

これを現金で支払う場合、1セント台によって、切り上げ切り下げをしなければいけないのです

例えば…

  • 会計「14.21ドル」「14.22ドル」→「14.20ドル」支払う
  • 会計「14.23ドル」「14.24ドル」→「14.25ドル」支払う
  • 会計「14.26ドル」「14.27ドル」→「14.25ドル」支払う
  • 会計「14.28ドル」「14.29ドル」→「14.30ドル」支払う

となります。

 

友達と一緒に同じものを買っても、友達は現金で購入し、自分はカードで購入すると、全く同じものなのに会計の値段が数セント違うということもあります。

 

やっぱりこれも最初慣れるまではかなり混乱します。

セントコインを使うのが面倒になって、1,2ドルコインばかり使っていると、後で私のお財布の中のコイン達のようになるので要注意です(笑)

アメリカのお金も使用可能

バンクーバーでは、米ドルや米セントを使うことが可能なお店があります。

もちろんですが、1米ドルは1カナダドルよりも価値が高いです。(1カナダドル=0.77米ドル 2018年9月26日現在)

なので、今後アメリカに行く予定がないから、米ドルを使いたい!という人は使用することができます。

しかし、米ドルは世界で一番偽札を作りやすいと言われているのでお店によっては偽札を避けるために使用することができない場合もあります。

古いお金は使用できない場合も

新しいカナダのお金は「ポリマ―素材」であると書きましたが、そのポリマー素材が出る前にカナダで主流とされていた紙幣があります。

時々見ますが、お店によっては使用することができません。

また、私は飲食店のアルバイトでレジをしていますが、この古いお札をお客さんに渡すと「古いのではなくて、新しい紙幣にして」と言われます。

なにかと面倒なので、古いタイプのお札は受け取らないようにすることをおすすめします。

もし古い紙幣が手に入ってしまった場合は、銀行で新しい紙幣と交換してもらえるので大丈夫です!!

記念コインが多い

カナダには記念コインが多く存在します。「カナダ建国150周年」を祝うコイン。

見た目はかわいいのですが、カナダのお金に慣れていない人にとっては結構困ります。せっかく通常コインのデザインを覚えても、記念コインのデザインはそれらと全く異なるからです。

記念コインの中にはデザインがとてもかわいいものがあるので集めてみるのは面白いかもしれません!!!

中にはレアなものもあり、ネットで高く売られているものもあります。

カナダでワーホリ生活をするなら

最初は慣れないドルとセントの使い方やカナダのお金事情に苦戦するかもしれませんが、生活をするにつれて段々と慣れてくるでしょう。

カナダでワーホリ生活をするならば、きちんと自分でお金を管理することが大切です!!!