【抱っこくまクッキー】絶対に失敗しない作り方

料理とお菓子
Zumi
バンクーバーでワーホリ中のZumiです( *´艸`)

 

小さなくまの形に抜いたクッキーの手を曲げて、その手になにかを抱っこさせる

「抱っこくまクッキー」

 

私は今まで何度か作ったことがあるのですが、

アーモンドを抱っこさせる為に手を折り曲げる際、くまの腕にひびが入ってうまく曲げられなかったり

せっかくアーモンドを抱っこさせても、焼き上げるとくまがアーモンドを離してしまっていたり

 

色々失敗しました(*_*)

 

抱っこくまのクッキーは小さくて、特に腕の部分がもろいので、慎重に触らないとすぐに崩れてしまうのです。

 

そこで、私は色々なレシピを試して、試行錯誤をして…

絶対に失敗しない抱っこくまクッキーを作れるようになりました!!!

 

今回は、失敗せずに抱っこくまのクッキーを作る方法、ポイントを紹介していきます(^^)/

レシピ

生地の作り方はこちらを参考にしました。(写真が載っているので分かりやすいです。)

色々なレシピを試しましたが、この配分、作り方が一番良いです!!!

 

上手に抱っこくまクッキーを作ることができるクッキー生地です。

 

生地がしっとりとしていて、腕を曲げる際にひびが入りにくく、簡単にアーモンドを抱っこさせることができました。

材料

  • 無塩バター:100g
  • 粉糖:60g
  • 卵:20g
  • 薄力粉:200g
  • バニラオイル:少々
  • アーモンドホール:適量(くまに抱っこさせる為)

下準備

  • 無塩バターと卵は常温に戻しておく。
  • 薄力粉は2回ふるっておく。

作り方

  1. 常温に戻しておいたバターを泡だて器で混ぜてクリーム状にする。
  2. 粉砂糖を加え、白っぽくふんわりした状態になるまでさらに良く混ぜる。
  3. 溶き卵を少しずつ加えてその都度良く混ぜる。
  4. ふるっておいた薄力粉を加え、ゴムベラに持ち替えて粉っぽさがなくなるまで切るようにして混ぜ、ある程度まとまってきたら手でひとまとめにする。
  5. それぞれラップして少し平らにし、冷蔵庫で1時間以上寝かす。(この状態で密閉袋に入れて冷凍も可能)
  6. 冷蔵庫から生地を取り出し、上下ラップではさんでから麺棒で厚さ3mmほどに伸ばす。
  7. 型抜きし、天板に並べる。
  8. 目と鼻をつける場合は爪楊枝で穴を開ける。
  9. アーモンドやクルミなど、おなかの部分に配置し、軽く上から押さえる。
  10. 腕の部分を持ち上げ、ナッツを抱くように形作る。
  11. 160℃(320F)のオーブンで15分焼成する。
  12. 完成!!

無塩バターを電子レンジで溶かしバターにしてしまった場合

私は時間がなかったので、バターを電子レンジに入れて柔らかくしようとしたのです。

そうしたら、電子レンジにバターを入れて目を離した空きにいつの間にか、溶かしバターに( ゚Д゚)!!

 

本当はクリーム状のバターが作りたかった。

こんな感じ…

 

しかし、電子レンジから出てきたバターは…

完全に溶けていたのです。

 

「え!!??」

「完全に黄色い!!」

「失敗したか??」

 

同じ失敗をして心配してしまう方がいるかもしれないので(いないかもしれないけれど)、結果を言います。

 

おいしいクッキーを作ることができました!!!

しかも結果、抱っこくまクッキーを形成するのに丁度良い柔らかさの生地ができたので、全然大丈夫です。

 

もしも完全に溶かしバターを作ってしまっても慌てず、そのまま生地作りを進めて下さい。

バターを練る必要がないので、すぐに生地がつくれると思います(笑)

2つのポイント

抱っこくまクッキーを失敗させない為には、2つの大切なポイントがあるので紹介していきます。

 

このポイントをきちんとチェックすることで、絶対に失敗しない抱っこくまクッキーを作ることができます!!!

くまとアーモンドを離れないようにする

抱っこくまクッキーの失敗例としてよくあるのが、焼き上げた後のくまにアーモンドがしっかりと付かず、アーモンドがくまから離れてしまうことです

 

それを解決する為に、私は卵の黄身を溶いて、それをくまのお腹に少量塗り、その上にアーモンドを付けました。

アーモンドを付ける際は少し強くおして、くまにくっつくようにしてください。

 

これをすることで、ひとつもアーモンドがくまから外れることはありませんでした!!!

くまの手の形づくり

くまの手はアーモンドを抱っこするように、形を作るのですが、その際は腕が胴体から離れてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

そうならない為には、ゴムベラでくまの手をすくうように持ち上げて、アーモンドを抱えさせてあげます。

また、アーモンドとしっかりとくっつくように、少し強めに押してあげます。

 

これをしないと、焼き上がった後に手を広げたままのくまが出来てしまうので、絶対にするようにしてください(>_<)

プレゼントに最適

書いてある通りに作れば、必ず成功します!!!

思っているよりも簡単ですよ。

 

私は、バンクーバーの友達やホストファミリーに作ってプレゼントしたのですが、

「かわいい!!」「おいしい!!」

と喜んでもらうことが出来ました。

 

やっぱり見た目の可愛さが最強ですよね( *´艸`)

 

可愛さとおいしさ、どちらも兼ね備えているのでプレセントに最適です!!!

 

今回は、アーモンドをトッピングとして紹介しましたが、アーモンド以外のものでも工夫して、なんでも抱っこさせることができます。

トッピングを変えることで、ハロウィーンやクリスマス、誕生日など、色々なイベントに応用することができますよね!!!

 

ぜひ、色々なものを試して、楽しんでみて下さい!!!

2 件のコメント

  • このサイトは、バンクーバーでの海外生活と英語上達がメインと思っていましたが、クッキーの作り方も記事にしているのですね。ナッツを抱いたクマさんがかわいいです。

    英語やブログのほかに、お菓子作りもできて、今後のお仕事の可能性が広がると思います。
    英語自体を目的とするのではなく、英語を道具として使う本当の自己実現できる仕事をやられるといいですね。

    • 大学では栄養学や調理の勉強をして、私は料理や製菓が好きなんです( *´艸`)
      ありがとうございます!!!
      自分の好きなこと、「英語、料理、お菓子作り、文章を書くこと、表現すること」…を繋げて、いつか価値のあるものをつくることができるように頑張ります!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です